1個のおむすび

以前、私はおむすび一個さえ、握れない時期があった。

関節だけでなく、アトピーが全身に広がり、手のひらも傷だらけ。

おむすびどころか、手を洗うのさえ、覚悟が必要だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回九州を回り、限られた時間の中で、限られた材料をもって、たくさんの方に出逢った。

中には、いただき繕のこと、15分くらいしかお話ができなかったり、

人数が多くて、ミニおむすびを更に半分づつ?召し上がっていただくこともあった。

また、2年前仲間が九州を訪れた際、おむすびをさし入れ、その味を覚えてくださっていて呼んでくださった方もおられた。

そんな、一個のおむすびが伝えてくれる何か。

初めまして!のかたが、

『こんなおむすびを出すお店を開きたい、是非また来て欲しい、食材をみんなに紹介したい!』

と言ってくださる( *´艸`)

おむすびを握れなかった私が?

ワタシを助けてくれて、羽ばたくいのちたち。

今でも不思議、、、そして、何度握っても感謝。?

 

 

関連記事

  1. 三週間の軌跡・奇跡!

  2. 越前の里 福井越廼村にて極楽日記

  3. 東京開催のご報告

  4. ラブレター

  5. 一食の出会い

  6. 顔が見える関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。