毎日飲むものだからこそ。ブレンド‛潮燕麦茶’

「潮燕麦」という、麦があります。燕の形をしていると言われる麦の一種ですが、潮燕麦とは、スコットランドの海岸線において、厳しい潮風を一身に受けて育てたオリジナル品種です。詳しくはコチラhttp://itadakizen-myakusho.info/blog/info/shioenbaku/

この燕麦を、北海道の美深にて丁寧に丁寧に煎り、姉妹である「潮麦」をまぜて、「ブレンド麦茶」にしました。その2種類の麦の混合比率を見極め、黄金比を導き出しました。コーヒーなど同じで、ブレンド品というのは、奥行きや深みがでます。(市販の麦茶はほぼ大麦100%です。)

この麦茶の特徴は

◎妥協のない、自然農法のこだわりの麦だけを使用

・・・お茶は、その成分を抽出していただくので、入っているものが凝縮されます。品質にはこだわりたいものです。特に、乳幼児やお子さんにはいいものをあげたいですね。

◎じっくりと手間と時間をかけた、丁寧な焙煎

・・・この、深煎り焙煎により、穀物の香ばしさが引き出され、癒しの香りのアロマのよう。そして、水出しでも、美味しく十分に味が出ます。

◎いのちを無駄なくいただけます。家計にも優しい。

・・・たいていの麦茶は、一回の使用ですが、品質と製法の良さにより、複数回、お茶を抽出できます。コストパフォーマンスが◎
一番のおすすめは、水出し麦茶。一昼夜冷蔵庫で浸水していただくと、甘くて香り高いお茶ができます。しかも、こちらも、何回も抽出できます。簡単、そして美味しい。(衛生管理をお願いします。)

◎家族みんなで楽しめます。

・・・深煎りなので、30分以上煮ていただくと、まるでコーヒーのような味と香りを楽しめます。お父さん、お母さん向けに。(薄めればお茶に💛)

◎ティーバッグは生分解性のものを使用

・・・地球環境にも優しい、燃やしても毒性のないものを使用。

どこにもない、こだわりのお茶をどうぞ。https://shiomugioats.thebase.in/items/32246169

関連記事

  1. 客員講師として担当させていただきます。

  2. 今年最後の講座

  3. 越前の里 福井越廼村にて極楽日記

  4. まもなく「繕い処」個人カウンセリングサポート始めます。

  5. モリンガ料理@長久手教室

  6. 2021年 ベーシックコース・オンライン講座開始のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。