貊塩といういのち

地中海のギリシャ中西部・メソロンギ潟湖郡(Messolonghi lagoons)の塩田上で、天日により乾かし(完全非加熱)、採取された塩を直輸入しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貊塩との出会い
 

私たちがより心身に優しい食生活を送るために何が必要か❓・・・・を考え、準備したのが、「塩」でした。
塩があれば3週間は生き延びるといわれます。
私たちは、まず、食を整える土台として塩をといういのち(食材)を選び、国内外で塩を探しました。そこでご縁があった塩。ギリシャの現地に赴き、どんな製法で❔どんな場所で?どんな方々が?作っておられるかを見て決めました。
その後、
「毎日使うものだから、最高の質の塩を、ふんだんに使える」ように、と、
他者を介さずに直輸入して、手ごろな価格で購入できるようにしました。

 

これは、メソロンギ潟湖で採取された、自然の陽光と風が創りあげる天日塩です。

※メソロンギ塩湖=ラムサール条約(湿地の保存に関する国際条約)に登録され多種に渡る海産物に恵まれた湿地帯です。 

貊塩の特徴

ここで、太陽と風だけで100%乾燥させ、海に存在していた時と同じ、ありのままの姿に近い状態で製品になります。完全非加熱で作られた塩はミネラルなどがしっかり残っています。

そして、ありのままでいられること。

自然に最も近いいのちをいただくことが、私たちの心身を守り、自然治癒力・生命力を高めることになります。

また、最も配慮するのが
生産~買い付け~輸入~梱包~販売・発送まで、自分たちの手で行うこと。
それは、塩をいのちとして大切に扱うことが、なにより大事だからです。

貊塩はそんな自然の恵みと、人のぬくもりに満ちた「いのち」です。


東洋的(東アジア)いのちの効能

身体を温める
新陳代謝を活発にする
老廃物を排出する
ホメオスタシス(恒常性を保つ)

使い方

・料理
・マッサージ
・お風呂にあら塩をいれて、塩浴
・非常食 など

塩を取り入れることで、生活がシンプルになります。
お料理に貊塩を使うと、塩が素材の味を引き出せるめ、調理がシンプルに楽になります。
精製された塩と違い、のどが渇きにくい天日塩です。熱中症にも!

体験談

・運動せずとも、高血圧薬が不要になってきた。

・他人を受容する言動に変わった。(家族の方談)(元精穀を併用)

・味覚が変わり、ココロも自然思考になった。

・精神が穏やかになった。

・塩を変えて、引きこもりの子供が学校に行きだした。

・調理が格段に美味しく、楽になった。

・他の天日塩で塩浴できなくなった。心地よい。

・家族4人の花粉症がよくなった。(オリーブオイルれなりを併用)

・甘いものがいらなくなった。

 

関連記事

  1. 潮麦味噌といういのち

  2. 潮麦といういのち

  3. 潮オーツといういのち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。