根来晶子
ねごろしょうこ

・合資会社 貊晶 代表
・いただき繕指導師・食医
・食の学び場『草繕堂』・『いただき繕 料理教室』主催・講師
・福井県善性寺 精進料理専属料理人

はじめまして
小さいころから体が弱く、健康に自信がなかった私。
いつも何か問題を抱えていた。

一方で、高度経済成長期にあり、環境にも恵まれた昭和時代を過ごす中で、
世界の問題を見るにつけ、自分の幸せを素直に喜べない子どもだった。

成長するに従って、悪化する身体。はじめは西洋医学の薬を飲んでみたり外用し、そのうち鍼、漢方、整体、気功、リーディング、カイロ、菜食、除去食、○○健康法、、、、いろいろハシゴする。
(すばらしい専門家と、手法に出会ったことには感謝!)少しずつ良くなる。

しかし、出産や息子たち(現在18,23歳)のアトピーで、また眠れない日々を過ごし、満を持して東アジアの智慧に出会う。
(トップメニュー「草繕堂のこと」)
自分の中での「調理」や「食」の位置づけが自分の中で大きく変わった。(下記※心身の変化

いち主婦として決意し、
震災をきっかけに、おむすびを作り いただき繕の「お話し会」を始める。
動機は100年後の子どもたちに良い環境と食文化を残したい、ということ。
仲間と、いただき繕東京店や弁当加工蔵東京東店、新宿店の立ち上げに携わり、
東アジアの伝統的な料理を現代版にアレンジし、日々調理する。お客様の悩みを聞くことも。

主婦としての次の決意が、自立すること。
2017年1月に、「貊晶」を個人事業として立ち上げ、料理教室やイベントの開催・食材の提案販売しながら、
お客様の心身のサポートやアドバイスをさせていただく。
「いただき繕学院」を本格的に開講する。これまで、全国 北海道から九州まで10か所以上を回りご縁をいただいている。
(受講生が、姉妹店などで活躍中。)

現在「いただき繕指導師」として、皆様の変化に喜びと驚きをいただく毎日!
全く料理に興味がなかった若いころからは考えられない、今の自分💕

※心身の変化

30代までの私。
心身共に苦しくて辛かったとき、
まずは、ただ元気になりたかった。以下は特に17年前より昔の私の姿。

●アレルギーで一日中痒みに悩まされ、
●鼻水が止まらず(ハナセン!)ほこりが怖く 部屋の掃除もままならず、
●自律神経はめちゃくちゃで、ホルモンは機能不全を起こし、
●リップクリーム一年中必須アイティム
●近眼が40歳過ぎても進行、暗い部屋は耐えられず
●胃痛で倒れ、●過食気味に悩み、しょっちゅう食べ物を口に入れ、体が重い
●靴下を何枚も履き、寒さに震え一年中スカートも履けず、
●入浴するだけで風を引いたときも。
●フケと白髪、切れ毛に悩み●過労は敵。
●医薬品を手放せず、そのあと漢方を手放せず(漢方が悪いのではありません)、
●病院を回りが趣味のようになり?毎年高額医療支給申請
●買い物に困り、いいものを探してさまよい、、、、
●いつも焦りがあり、苦しさがあり、●(息子曰く)常に怒ってる
●自分が嫌い。

頑張ってた自分💦

時が満ちて、何千年と継がれてきた東洋の食の智慧に、
17年前に出会い、
着実に、ときには急激に、変容してきた私⇓。(特に40過ぎてから!)

上記とくらべると。
●アトピー・アレルギーの症状完治、お風呂上りのケアなし
●ティッシュを持たないくらいの使用率
●生理機能が整い、妊娠
●冬もリップクリーム不要で口紅をたのしめるように♬
●近眼がストップのみならずレンズが薄くなり
●胃の異変なし何でも食べる●食べる量が1/3くらいに
●靴下は1~2枚になり、スカートを楽しみ
●ここ何年も熱や風邪で寝込むことなく
●髪が黒くなっていく!!!
●疲れない
●薬、漢方は手放し
●病院には家族を含めてお世話になることがなくなり、家計も助かり、好きなものを買い
●買い物に関して迷わなくなり、
●幸せを感じ平穏な気分をありがたくかみしめ、
●自分を好きになっていく!

経歴

千葉県船橋市出身、
学生時代は幼児教育専攻、保育士の資格取得。
元東京都区立幼稚園教諭 。
退職後、武蔵野短期大学幼児教育非常勤を経験。
結婚して専業主婦。二人の子育て。
2003年 東アジアの食文化に出会う。
2014年 弁当加工蔵東京東店の立ち上げに携わり、
2016年 いただき繕新宿店立ち上げ、店主を務め、
2017年10月より、先人智慧の伝達と実践の場である「いただき繕学院」を本格的に開講する。
2018年より 福井善性寺寺でヴィーガン料理を担当する。発達障害コンサルタント養成講座の食を担当。
2019年3月より 東洋の食についての料理を深めて行く、healing  cooking school 「草繕堂」にリニューアル、
2020年2月には韓国教室も開催

「食が変われば人生が変わる」